TOKYO LIFE STYLE CORDINATION

おもしろきこともなき世をおもしろく

Oracle Database 11.2.0.3をASMでInstallする

貧弱な環境にあえてASMでさらに圧迫してみると。

DBはある意味なんでもいいんだけど、一応それらしくASMでやってみると。

OS:Oracle Etnerprise Linux 6.2(64bit)

Memory:2G

 

構築の流れ

1.OSの設定

2.グリッドインフラストラクチャのインストール

3.データベースのインストール

 

1.OSの設定からいってみよう。

 OELだとこんな特典が…何をいれてくれるのか謎すぎますが、要件で必要なモジュールをいれてくれるようです。

yum install  oracle-rdbms-server-11gR2-preinstall

 

vi /etc/sysctl.conf

いつもの設定

sysctl -p

 

net.ipv4.ip_forward = 0

net.ipv4.conf.default.rp_filter = 1

net.ipv4.conf.default.accept_source_route = 0

kernel.sysrq = 0

kernel.core_uses_pid = 1

net.ipv4.tcp_syncookies = 1

kernel.msgmnb = 65536

kernel.msgmax = 65536

fs.suid_dumpable = 1

fs.aio-max-nr = 1048576

fs.file-max = 6815744

kernel.shmall = 2097152

kernel.shmmax = 1049903104

kernel.shmmni = 4096

kernel.sem = 250 32000 100 128

net.ipv4.ip_local_port_range = 9000 65500

net.core.rmem_default = 262144

net.core.rmem_max = 4194304

net.core.wmem_default = 262144

net.core.wmem_max = 1048586

 

 

vi /etc/security/limits.conf

いつもの設定

 

oracle           soft    nproc           2047

oracle           hard    nproc           16384

oracle           soft    nofile          4096

oracle           hard    nofile          65536

oracle           soft    stack           10240

 

 

グループ、ユーザ作成

 

groupadd -g 501 oinstall

groupadd -g 502 dba

groupadd -g 503 oper

groupadd -g 504 asmadmin

groupadd -g 506 asmdba

groupadd -g 505 asmoper

useradd -u 502 -g oinstall -G dba,asmdba,oper oracle

passwd oracle

 

既にoinstall,dba,oracleユーザは存在していると。。。

いつの間にできたんだろうか。後ほど確認しておこう。(多分yumったときだ)

インストールディレクトリ作成

 

mkdir -p /opt/app/oracle

chown oracle:oinstall /opt/app/oracle/

 

 

2.グリッドインフラストラクチャのインストール

HDDを3台追加して、そいつらをディスクグループに割り当てようとしたところで頓挫!!

HDDはfdiskで領域作成が必要。udevの設定はみようみまねで。。。

cat 99-oracle.rules 

KERNEL=="sdb1", OWNER="oracle", GROUP="dba", MODE="0660"

KERNEL=="sdc1", OWNER="oracle", GROUP="dba", MODE="0660"

KERNEL=="sdd1", OWNER="oracle", GROUP="dba", MODE="0660"

start_udev

こんなことでHDDが認識された。

あとはGUIでペコペコやっていけばOK

 

3.データベースのインストール

DBのインストールはぐいぐいやっていけば問題なし。

インストールして気づいたけど、ディレクトリがちゃんと統一されている。

どっかのバージョンだと変な風になっていた気がするんだけどな。。。

pwd && ls

/opt/app/oracle/product/11.2.0

dbhome_1  grid

なんだか少し気持ちよい。

データベースまで構築できたら、あとは遊び用のためプロファイル内容を変更する。

$ORACLE_HOME/bin/sqlplus / as sysdba @/opt/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/rdbms/admin/undopwd.sql

 

書いていてわかったことは、やっぱりスクリーンショットがないと面白みがないし、あとで自分でみてもわかりずらい。

ちょっとスクリーンショットのとり方とアップロードの仕方を勉強してみよう。